2010年07月01日

■西宮トリビア91〜100


その91〜西宮には市バスもないし、アーケードのある大規模な商店街もない。ガヤガヤとした繁華街もなければ、オフィス街もない。ないものが多いが故に住むのに人気があるという不思議なまちである。

その92〜西宮の某地域では、毎週土曜日の朝、廃品回収業者がスピーカーで「六甲おろし」を大音響で流しながらやってくる。いつもそれで目がさめる。六甲おろしで目が覚める休日の朝。地元ならではである。

その93〜阪神西宮駅近くのNTTビルの前には「傀儡師故跡」「人形操り発祥の地」と書かれた銅像と説明板がある。西宮ではめずらしい「発祥の地」である。

その94〜今の阪神久寿川駅の場所はもともと今津駅だった。今の今津駅ができて久寿川駅に改名された。ちなみに久寿川駅と今津駅は、同じ町内(曙町)にあり約600mしか離れていない。

その95〜広田神社からニテコ池に行く急な坂道は全面黄色に塗られているが、甲山の神呪寺へ向かう道は全面黄色に塗られている道の次に、黄色の縞々の道が出てくる。全面塗りと縞々の違いは何かは謎である。(他にもありますかねー。黄色の道)

その96〜阪神西宮駅は「えべっさん+ステーション」で「エビスタ」、阪神今津駅は「エキ+イマ」で「エキーマ」である。門戸厄神駅にショッピングセンターができたら「モンド+ステーション」で「モンスター」とかに・・・なるわけないか・・・

その97〜広田神社には、ワードで作った手作り感満載の「巫女募集」というチラシが境内のあちこちに掲げられている。ちなみに巫女は男女雇用機会均等法の適用外なので女性を指定して募集できるらしい。

その98〜今では武庫川を越えると尼崎になるが、以前は尼崎の海釣公園のあたりは西宮だった。昭和40年代に田近野地区と平左衛門地区の飛び地同士を交換した。田近野に尼崎市立の学校があるのはこのためである。

その99〜「夙川」は、関西の人以外は難読の地名である。地名を芸名にした夙川アトムが有名になって全国的に読める地名になって欲しいものである。

その100〜「火垂るの墓」や「涼宮ハルヒ」の舞台になったところは、普通の公園や学校が観光地に早変わりしている。西宮トリビアが有名になって、紹介したところを巡るツアーが出来たりして・・・と妄想してシリーズの終わりにします。



★無料体験・月1回会員 受付中!!
(西宮 かけっこ・陸上教室) http://ntfc.jp/
★甲子園スポーツネットワークの教室
(西宮、神戸摩耶、宝塚、和光成増、川崎)
http://tfschool.net/kyoshitsu.html
posted by 西宮T&F at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 西宮トリビア
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/60708128
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
★無料体験・月1回会員 受付中!! (西宮 かけっこ・陸上教室) http://ntfc.jp/ ★甲子園スポーツネットワークの教室 (西宮、神戸摩耶、宝塚、和光成増、川崎) http://tfschool.net/kyoshitsu.html